助産師不足の問題と現状

助産師を取り巻く環境はどうなってる?

助産師不足の問題と現状

助産師といえば、出産をする女性にとっての強い味方ですよね。 看護師の上位資格として資格の取得を目指している方も多いでしょう。

医療行為の中でも出産に関するスペシャリストであることを証明できる資格でもあります。 ですが、助産師の不足は看護師以上に問題となっており、全国的に不足している状況です。

現代の日本は少子高齢化の影響もあり、総合的な出生数は減少しています。 これにより助産師の需要も少なくなったのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

というのも、少子化は進んでいるものの出産環境の充実化に力を入れている病院や施設が増えているため、助産師の需要が減ったわけではないのです。 大学病院や総合病院、産婦人科など、様々なところで助産師が求められています。

それに、助産師というのはただ単に分娩の介助をするだけではなく、妊婦の精神的なケアをしたり相談にも乗れる存在ですよね。そのため、総合的なサポートに力を入れたいと思っている病院などでも、助産師は欠かせない存在となっています。

ただ、一時期に比べると現在は助産師不足の問題に歯止めがかかっている状況だといえるでしょう。10年前と比べても助産師は増加傾向にあるので、この問題は少しずつ解消に向かっていくかもしれません。

しかし、現時点ではまだまだ絶対数が足りているとは言えない状況です。 地域や職場によって助産師が足りているところもあれば全く足りていないところもあるため、すぐに解決できる問題とは言えないでしょう。

ただ、助産師の資格を持っているものの助産師として働いていない方も多くいます。 その理由として、助産師の求めている職場環境と実際の職場環境に差が発生しているということも挙げられるでしょう。

助産師を求めてはいるものの、助産師が望むような環境が整っていない職場も多く、助産師不足の問題はなかなか解決されていません。今後は、こういった問題をどのように解消していけるかという点が助産師不足問題の解消につながっていくと考えられています。