男性でも助産師になれるのか

男性助産師は賛成?反対?

男性でも助産師になれるのか

男性でも助産師になれるのかということについてですが、現在の日本では女性のみなることができる職業とされています。 そのため、助産師の受験資格も、女性にのみ与えられており、男性は資格を取得することすら許されていないのです。

なぜ、男性は助産師になることができないのでしょうか。代表的な理由について詳しく解説していくことにしましょう。 助産師が女性しか就くことができない最大の理由は、助産などの特殊な仕事に、男性が関わることへの反対意見が多いからということです。

2002年、助産婦は助産師へと名称を変更しました。これは、男女の雇用機会均等が深く関係していますが、女性にしか就くことができない仕事という印象を与える職業名は、相応しくないという見解から起きたことです。

しかし、同時期に名称が変更された、看護師や保健師においては男性も活躍しているものの、助産師のみ未だに女性限定の仕事とされています。 日本助産婦協会としては、男女平等の時代背景や、産科で働く男性医師の増加などを踏まえた上で、男性助産師の導入を進めていきたいところではありますが、なかなか議論が進まないというのが現状なようです。

尚、法律上、助産を行うことを許されているのは、産科の医師と助産師のみとなっています。唯一違うのは、助産師の場合、医療行為が認められていないということでしょう。

ようするに、仕事の内容が大きく違うというわけではないのです。それにもかかわらず、男性の場合のみ、産科の医師になることはできて、助産師になることはできないということに、疑問を抱く人は多いといえます。

ただし、一方で、妊婦や産婦である女性の要望が取り入れられていないという反対意見もあります。確かに、女性としては女性の医師や助産師に問診をしてもらったり、助産してもらいたいものですし、その方が安心して出産できるという女性が多いことは事実です。

以上のことから、現段階では日本国内で男性助産師は認められていないものの、現在の時代背景を考えると男性助産師が誕生する可能性はあるといえるでしょう。