助産師の適正について

助産師向いている性格やスキルとは?

助産師の適正について

医療の現場で働いている人たちが、具体的にどのような仕事をしているのかは、一般の人でもおおよそ理解しているものです。しかし、助産師に関しては、あまりよく知られていないのではないでしょうか。

そのため、どのような仕事をしているのかという部分だけではなく、どんな人が向いている職業なのかも、あまり知られていないといえます。そこで今回は、助産師の適正について解説していくことにしましょう。

まず、最も重視される適性ですが、やはりコミュニケーション能力の高さだといます。なぜなら、助産師の仕事の中で、特に大変だといわれているのは、出産後の精神的なケアだからです。

出産が終わった後の女性は、体力が低下しているだけではなく、精神面でも非常に不安定な状態となっています。そのため、イライラしたり、うつ状態になってしまうケースが非常に多いのです。

そのようなときにメンタルのケアを行うのは、助産師の仕事でもありますので、経験や技術力だけではなく、コミュニケーション能力の高さや包容力、性格の穏やかさなどが必要となってきます。

その他の適正としては、体力を挙げることができます。最近は、産婦人科で働く助産師もいるため、仕事の流れは病院によって違うのですが、出産してすぐに母親と赤ちゃんが一緒に過ごせる母子同室は、助産師の力なくして維持することはできません。

というのは、数時間おきに部屋の様子を確認したり、健康状態をチェックしなければならないからです。また、何か問題が起こった場合は、適切な対応をする必要があります。

そのため、非常に多忙なだけではなく、精神的にもかなりの負担がかかってくるため、体力がなければ務まらない仕事だといえるのです。

以上、助産師の適正についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。多くの助産師が看護師を経験しているため、ご紹介した適正については既に理解しているかもしれません。 また、今回登場した2つの適正は、助産師の仕事をしていく上で、必ず身につけておかなければならないものだともいえます。多くの女性から信頼される助産師を目指すためにも、必ず把握しておきたいものです。